FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

第4回アジア太平洋アクティブ・エイジング会議in上海の開催

2008.08.26 (Tue)

第1回目を平成16年度に福岡市で開催したアジア太平洋アクティブ・エイジング会議の第4回目が、9月26日~28日に上海で開かれます。
最初、日本・韓国・中国・アメリカの高齢化問題の研究者、実務者、市民団体の参加ではじまった会議ですが、第2回ハワイ、第3回韓国南海郡と回を重ねる毎に規模が拡大し、今年はなんと約20の国と地域が参加する巨大な国際会議に成長しました。

詳しくはこちらのホームページに あるとおりですが、中国語版と英語版なので、日本語に翻訳してみました。
同じ時期に、上海国際福祉機器展が開催されており(9月28~30日)、参加者は、その視察も行う予定になっています。

現在福岡~上海の航空便が非常に安くなっているそうなので、この機会に、海外の高齢化事情に関心のある方は、参加されてはいかがでしょうか。


*************************************************************

高齢者プログラム開発に関する上海国際会議2008
~第4回アジア太平洋アクティブ・エイジング会議in上海~
(4th ACAP International Conference)

目的
人口高齢化はいまや世界的課題となっています。平均寿命の伸びは、高齢者問題、なかでも後期高齢者や虚弱高齢者に対するサービスへの大きな関心を呼ぶようになっています。また、前期高齢者や元気高齢者の数の増大にともない、多くの人々がアクティブ・エイジングのコンセプトを受け入れ、多数の政府組織や団体が、高齢者の社会参加や社会貢献の促進策に取り組みはじめています。

「高齢者プログラムの開発に関する上海国際会議2008」は、諸外国及び諸地域の研究者から、高齢者サービスや社会参加に関する先進事例、成功経験、効果的な実践を学び、喫緊の課題や困難事例を協議し、その対策や将来的な政策的方向づけを検討し、この分野に関する国際協力を推進するために開催するものです。

テーマ:高齢者プログラムの開発
このテーマついて、以下の二つの議題に分け、報告・討議・研究を行います。

議題1 高齢者サービス
・新しいコンセプトと政策
・レジャー・サービス:文化、芸術、スポーツ、旅行
・フィナンシャル・サービス:リバースモーゲージ、介護つき生命保険、高齢者のための金融商品
・商品デザイン:商品デザインと販路拡大
・介護サービス:地域密着型の在宅サービス、施設サービス

議題2 高齢者の社会参加
・社会参加促進のための施策
・能力開発とボランティア活動への参加促進
・コミュニティの発展と高齢者の社会参加
・高齢者と教育
・高齢社会における社会組織

日時: 9月26日(金)-28日(日)

次第
 9月25日(木)
  参加受付け
  夕刻:歓迎会
 9月26日(金)
  朝 :開会式・基調講演
  午後:全体会
  夕刻:中国老人雑技芸術団によるパフォーマンス
 9月27日(土)
   終日:ワークショップ
 9月28日(日)
   朝 :2008上海国際福祉機器展視察
   午後:現地視察・閉会式
   夕刻:送別会

場所:上海国際コンベンション・センター

主催:上海市民政局・上海市人民対外友好協会

参加予定者
8月21日現在、19の国と地域から、90人以上の参加者が申し込んでいます。
最終的には20の国と地域から、100人以上が参加予定です。
現時点のリストは以下の通りです。

(英語のアルファベット順)

オーストラリア
 ・Tracey McDonald:Professor, Chair of Ageing, Australia Catholic University
 ・Tom Loy:National President, Australia China Friendship Society Lt

カナダ
 ・Gloria Gutman:Professor, Head of Gerontology Research Centre, Simon Fraser University, Canada

デンマーク
 ・Nielsen Kaj Vestergaard:Head of Development, Central Denmark Region
 ・Ivan Kjaer Lauridsen:Head of Health Department, Aarhus Municipality
 ・Peter Nielsen Wellendorf:Head of International Department, Faculty of Education and Social Studies. Via University College Aarhus

フランス
 ・Zakia Chabbi:Psychologue, Centre Communal d'Action Sociale de la Ville de Marseille

香港
 ・Chan Man Yee:Chief Officer, Hong Kong Council of Social Service
 ・Hung Yee Joseph:Deputy Director-general, Sheng Kung Hui Welfare Council
 ・Wong Yuk Ming:Regional Manager, Fu Hong Society
 ・Pang Choi Yi:Member of Haven of Hope Christian Service
 ・Kwan Shuk-yee:Officer, Social Welfare Department   他

インド
 ・Sugan Bhatia:President,Indian University Association for Continuing Education

インドネシア
 ・Nugroho Abikusno: Member of National Commission for Older Persons

日本
 ・小川全夫:ACAP CEO/NPOアジアン・エイジング・ビジネスセンター理事/山口県立大学健康福祉学研究科教授
 ・安立清史 九州大学人間環境学研究院准教授
 ・田中マキ子 山口県立大学看護栄養学部教授
 ・江草安彦:(社福)旭川荘 名誉理事長
 ・小川眞誠:NPO法人日本心身機能活性療法指導士会
 ・横浜市保健福祉局視察団
 ・福岡市港湾局
 ・財団法人福岡アジア都市研究所  他

韓国
 ・韓東希:老人生活科学研究所長
 ・李誠國:慶北大学校保健大学院教授
 ・Koh, Bo-Sun:Department. of Social Welfare, Jeju College of Technology
 ・Ryu, Hwang Gun:Professor, Department of Health Services Administration, Kosin University
 ・HongKyu Choi:Director, Namhae Health Center 他

スウェーデン
 ・Jan Hellstrom:Director,Social Services Sigtuna Municipality, Stockholm, Sweden

マカオ
 ・Lam Pui Seong:Chief, Elderly Service Division, the Social Work Bureau
 ・Mok Pui In:Elderly Service Division, the Social Work Bureau
 ・Lo Sok Ha:Elderly Service Division, the Social Work Bureau

マルタ島
 ・Joseph Troisi:Professor, Director, International Institute on Ageing, United Nations-Malta & Director of European Center of Gerontology

モンゴル
 ・Oyunkhand Ragghaa:Director, Gerontology Center under Jurisdiction of Ministry of Health
 ・Nyamjav Zandi:Head of Rehabilitation Unit, Gerontology Center under Jurisdiction of Ministry of Health

オランダ
 ・Arnold Moerkamp:Deputy Director-General for Health, Ministry of Health, Welfare and Sport
 ・Rene van Sluijs:Senior Policy Adviser, Rotterdam Department of Social Affairs and Employment

ロシア
 ・Rzhanenkov Alexander:Chairman,the Committee on Labour and Social Security, Saint-Petersburg City
 ・Kolosova Galina:Deputy Chairman,the Committee on Labour and Social Security, Saint-Petersburg City  他

シンガポール
 ・Mary Ann Tsao:President and Board Director, Tsao Foundation
 ・Bernard Chan:Director of Development, Tsao Foundation  他

台湾
 ・Thomas Cuei:Director, Taipei Community Elderly Citizen Service Association 他

タイ
 ・Arun Ngamdee:Vice President,Nationl Consul of Social Welfare of Thailand (NCSWT) & Chairman, the Elderly Development Committee
 ・Vajiraya Buasri:Doctor, Secretary General, NCSWT & Advisor, the Elderly Development Committee
 ・Suwanee Raktham:M.D., Vice-Chairman, the Elderly Development Committee
 ・Virajada Buasri:Member of the Elderly Development Committee

米国
 ・キャサリン・ブラウン:ハワイ大学教授
 ・カレン・ハヤシダ:カピオラニ・コミュニティカレッジ教授
 ・クリストファー・コニーベア:ハワイ大学教授
 ・Min Cole:Ph.D. Candidate, Dept. of Applied Gerontology, University of North Texas, Member of AltaMed Health Services Corp
 ・Zhao Yun:Director, New Lifestyle Group USA
 ・David Murray:President, Murray & Associates, Inc   他

参加方法
別紙の様式にて申し込み。

参加料
350米ドル
23:06  |  イベント・事業  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://asianaging.blog26.fc2.com/tb.php/136-a5e0ad99

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。