FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

シンポジウムのお知らせ「世界の高齢者介護システムを考える」

2009.04.13 (Mon)

世界の高齢化に関する会議があいついで開催されます。
この問題に関する関心の高まりを感じます。

★★★★★ ★★★★★ ★★★★★

●国際介護シンポジウム「世界の高齢者介護システムを考える」
第一部
  「世界の高齢者介護システムについて」
    増田 雅暢 上智大学総合人間科学部社会福祉学科教授
  「韓国の介護保険制度について」
    金 貞任 東京福祉大学社会福祉学部準教授
第二部
  「日本・ドイツ・韓国の介護保険制度の現状と今後」
  〈シンポジスト〉
    土井 栄二 厚生労働省老健局振興課長
    内藤 圭之 全国老人保健施設協会常務理事    
    金 貞任 東京福祉大学社会福祉学部準教授
    藤本 健太郎 静岡県立大学経営情報学部準教授
  〈コーディネーター〉
    増田 雅暢 上智大学総合人間科学部社会福祉学科教授

●日時 平成21年4月25日(土) 13:00~16:00
●場所 上智大学四谷キャンパス 中央図書館921会議室
●参加費 500円

申し込み・問い合わせ等は「こちら」をご参照ください。

★★★★★ ★★★★★ ★★★★★

増田教授は、厚生労働省平成11年度「厚生白書」、平成16年~18年度「少子化白書」を取りまとめられた方で、少子高齢化対策のエキスパート。また、韓国介護保険制度(老人長期療養保険制度)を継続的に調査されておられます。ホームページは「こちら」。

金貞任准教授は、当団体の「アジア型エイジング対応支援」事業のメンバーとしてご協力いただいております。

昨年10月、世界10ヶ国の高齢者施策の比較論考を行った「世界の介護保障」(増田雅暢=編著:法律文化社)が出版されましたが、お二人はその執筆者であり、本シンポジウムはその展開として興味深い内容になると思います。
22:25  |  イベント・事業  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://asianaging.blog26.fc2.com/tb.php/177-43fa8311

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。